山形県/肘折温泉 三春屋 〜ここに湯治の本来の姿が 古いけど新しい湯治の新時代 昔ながらの温泉 三春屋の笑い湯治 山の幸・天然食材〜

山の幸 天然食材のお料理

肘折温泉には、旅籠料理、湯治料理があります。

旅籠料理は旅行を楽しむお料理で、
湯治料理は癒しのお料理といったところでしょうか。

これは明確な区分というものはなく、品数や器が違いが主な違いのようです。

旅籠のお料理(一例)

旅籠 (別館)のお料理

写真はお料理の一例です。季節や仕入れ、プランによって内容は変わります。
三春屋の旅籠料理は、山の幸 天然食材が愉しめるお料理です。

>>ご予約はこちらから



かいもちとキノコの鍋
 (そばがき)


とろっとしたそばがきを鶏がら のスープで煮ます。食べたことがある方も無い方も懐かしい柔らかい味をどうぞ。 (こちらは追加のお料理です)



≪かおりんのレポート≫
女将から「びっくりするから食べてみて」と言われて半信半疑でかいもち鍋を食べてみました。そのときの感動は今でも忘れません。

 あぁぁっ これが天然の舞茸なんだ!レポーターかおりん >>一品料理の紹介はこちら

これを食べるために肘折に来たんだって(笑)大げさかな。
食べることは感動することだったんだとしみじみ感じましたね。



肘折温泉の天然食材は、

滋味が豊かで体に効きます。また香が高く心を癒す不思議な力があるのです。別館三春屋がこだわる手作り料理の素朴な醍醐味を、一度、味わいください。
ゆんべの蓋物は

とびたけとわらびの煮物。糸コンをいっぱい入れて、ほたての煮たやつを添えて。
とびたけがくきくきしてわらびがふんわり柔らかくて美味しいよ。
これはとびたけ

炒り物に入れたり煮付けにしたりして食べると美味しいよ。
でも保存しておいたやつを煮付けて天ぷらにするともっと美味しいよ。

三春屋のこだわり社長コーヒー

三春屋の社長が、豆からこだわって美味しいコーヒーを煎れます。
1杯2杯の注文でも10人前くらい煎れてしまう不器用な社長ですが、
「チビっと いれたって旨くねえ」と一蹴。
ガンバレ若旦那! と思う方、どうぞご注文ください。
夏はアイスコーヒーも出来ます。
美味しいところをお部屋までお届けいたします。

湯治のお料理(一例)

昔懐かしい味、旬のキノコいっぱいの山菜料理。  >>ご予約はこちらから
湯治に適した肘折温泉の伝統ある健康料理です。

いろどり湯治ぷらん】 一泊二食付
旅籠ぷらん夕食
【 朝食 】
朝食
≪初めて湯治を体験したかおりんのレポート≫
夕食、いろどり湯治ぷらんの料理は、お腹いっぱい食べきれないほどたくさんありました。
レポーターかおりん一品一品は素朴な味で美味しかったです。
朝食は温泉卵、きんぴら、塩鮭、カリフラワー、海苔、ダイコンと油揚げの煮物、自家製漬け物(たくわん・しなべきゅうり)など。味噌汁は酒粕が入っていて風味がとてもよかった!
じっくり湯治ぷらん 】 一泊三食付
湯治ぷらん
オススメ湯治ぷらん 】
おすすめ湯治ぷらん
湯治といえばこのお膳が湯治の基本料理
質素に感じるが、湯治といえば何泊も泊まるから豪華な会席膳(旅籠料理みたいなお膳)では、胃袋が疲れてしまう。これくらいの品数がちょうど良いのだと言う。たしかに、このような素朴な料理が何泊か続くとお客さまから「お肉も食べたいわ!」という声もある。そんなときは、ちょっと豪華にお肉を出したりするんですって。

>>ご予約はこちらから

三春屋のお料理いろいろ

鍋物、天ぷら、お刺身、煮物・炒め物、焼き魚、酢の物など。
画像をクリックすると大きな料理がご覧になれます。

山菜キノコ鍋(鮭がドーンと入っています)
山菜キノコ鍋
天ぷら(キス、エビ、春菊、ピーマン)
天麩羅
マグロのお刺身
マグロのお刺身
肘折風のいもこ汁
いもこ汁
タラの粕漬け
タラの粕漬け
肘折で採れたワラビのお浸し
ワラビのお浸し
肘折山菜料理、ぜんまいの炒め煮(ぜんまい、椎茸、糸コン、ししとう)
ぜんまいの炒め煮
山菜の炒め煮(糸コン、ちくわ、ワラビ)
山菜の炒め煮
柿なます(なめこ、柿、大根おろし)
柿なます
もずくの酢の物(かめ、きゅうり、カニ蒲鉾)
もずくの酢の物
先付け(小エビの酢じめ)
先付け
醤油であっさりと召し上がれ。
椎茸の焼き物

湯治の楽しくゆかいな昼食

このプランについて詳しく見る湯治ぷらんのお昼は、日替わりメニューで
うどん・そば・カレーライス・オムライス・スパゲティなどの家庭料理です。
お昼は外で、という方も大丈夫。肘折温泉にはそば屋、ラーメン屋、団子屋、餅屋などあります。

今日のお昼は「ひっぱりうどん」
今日のお昼は一杯飲みながら「ひっぱりうどん」
お昼ご飯は、一般の家庭料理のカレーライスだったり、オムライスだったり、スパゲティだったりします。
「ひっぱりうどん」とは
山形の家庭のお昼の定番で、一つの鍋からひっぱるようにしてうどんをつついて食べるので、このような名前が付いているそうです。乾麺で作るのが普通。なぜなら、「今日はお昼ご飯何にしよう、乾麺なら食料庫にあるから、ひっぱりうどんにする?」とこんな感じに食べるものぐさ(怠け)料理だから。(笑)
ひっぱりうどんカレーライス
湯治で泊まりに来たおばあちゃん達 湯治で泊まりに来ていたおばあちゃん達
始終笑って、方言で盛んにしゃべっている。
80才くらいのおばあちゃん達なのに本館三階に宿泊。
足が悪い方もいるが、うんしょうんしょと三階まで昇るのだという。三階だと、温泉が同階にあるので、かえって良いそうだ。
※お惣菜・お飲み物等の持込料はいただきません。
持込みの惣菜持込みの惣菜
このプランについて詳しく見る

女将さん秘伝のレシピ女将さんイラスト

ぜんまいの炒め煮のレシピを紹介します。

肘折産ぜんまいを下ごしらえ して炒め煮します。肘折の山菜料理は絶品ですよ!

角丸 スペース 角丸
スペース
【 ぜんまい炒め煮 】
  •  ・ ぜんまい
  •  ・ 油
  •  ・ 椎茸
  •  ・ ししとう
  •  ・ 糸こんにゃく
  •  ・ 砂糖、だしわり醤油
【 作り方
  1.  1.ぜんまいは食べよい長さに切っておく。
  2.  2.鍋に油を熱し、ぜんまい、椎茸、ししとう、糸こんにゃくを炒め 砂糖、しょうゆの順に加える。
  3.  3.水分がほぼなくなるくらいまで炒りつける。
スペース
角丸 スペース 角丸

もう一つ、いもこ汁のレシピを紹介します。

山形といえば、いも煮。
寒い冬にぴったりなホカホカ肘折風いもこ汁のレシピを紹介します。

角丸 スペース 角丸
スペース
【 いもこ汁 】
  •  ・ 里芋
  •  ・ こんにゃく
  •  ・ 牛肉
  •  ・ なめこ
  •  ・ ねぎ、セリ
  •  ・ 醤油、砂糖、日本酒
【 作り方
  1.  1.里芋は、食べやすい大きさに切る。
  2.  2.こんにゃくは、手で一口大にちぎる。
  3.  3.里芋、こんにゃく、水、日本酒、醤油を入れて煮る。
  4.  4.里芋が柔らかくなったら牛肉、なめこを入れ、醤油と砂糖で味を整える。
  5.  5.最後にねぎ、セリを加え一煮立ちさせる。
スペース
角丸 スペース 角丸

旦那さんはお刺身が得意!若女将、笑顔でお料理!女将さんと旦那さん仲良く盛り合わせ!